2010年04月24日

開幕以来、巨人戦4連敗

昨晩の試合は一口で言うと4番打者の違いが出た試合でした。
広島カープの栗原選手は3三振。
対する、巨人のラミネスは初回に先制2ラン。

挙句の果てに1点差に詰め寄った8回に中継ぎ陣が炎上!(しのだぁ〜!)

満を持して先発した新助っ人、エリック・スタルツ投手。
102球、5回2/3を7安打5失点の降板となったが先発投手としての片鱗が見えましたね。
少なくとも篠田投手よりは・・・。
野村監督に「次に期待が持てる」と言わしめ、大野コーチは「2アウトからもうひと踏ん張り欲しかった。
次が楽しみだよ」と、ローテ入りに合格点を与えた。

今日はOFF日なのでゆっくりTV観戦です。

頑張れ、広島カープexclamationexclamation
posted by KOBA at 11:36| 広島 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

今季阪神戦初勝利

中日に3連勝して落合監督に「これが広島本来の野球なんだな」と言わしめた我が広島カープですが、初戦は下柳の術中にはまり完封負け。

昨晩は満を持して先発は前田健投手。
期待に答えて8回を6安打10三振3四球1失点と好投しました。
実に球数120球!
圧巻は8回に1−1の同点から1死満塁のピンチ。
城島を迎えてカウント2ボールから速球は1球のみ。
最後はスライダーで三振にしとめた。
続くブラゼルも初球以外は全てスライダーで連続の空振り三振でピンチをしのいだ。

これで流れはカープに傾き、9回の小窪選手の勝ち越しホームランに繋がったのだと思う。

今日は全国的に雨なので中止でしょう。

この後、いよいよ東京ドームに乗り込み首位巨人戦との3連戦。
少しでも上位球団との差を縮めたいところです。
posted by KOBA at 10:09| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

中日に3タテ〜!

広島4−2中日

先発投手の青木高投手が又も6回を6安打3三振4四球2失点と試合を作りました。
勝利投手は今回も付きませんでしたが、今の調子を続けて欲しいですね。

攻撃陣は7回に同点に追いつくと、続く8回代打赤松選手の2点タイムリーで勝ち越して、そのまま逃げ切った。

この中日に対しての3連勝は大きいですね。
上位チームとのゲーム差も縮まってきました。

7連敗から脱出してチームも勢いづいてます。
火曜日から阪神・巨人の6連戦ですが、面白くなってきましたね。

ひとつ心配なのが梵選手が8回、頭に死球を受けて退場した事です。
調子が良かっただけに大事に至らなければ良いのですが・・・。
posted by KOBA at 05:37| 広島 | Comment(2) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

連日のサヨナラ勝ち

なんと、苦手の中日相手に連日のサヨナラ勝ちです。
実は昨日は仕事だったのですが、TVでチョコチョコ戦況を確認していました。
4回表を終わって1―7の時は、「こりゃ駄目じゃ」と諦めていたのですが、8回裏には7−7の同点になっていました。
一瞬、一昨日の前田選手を思い出しましたが、その時点では勝利を確信するまでに至っていません。

9回2死2・3塁で広瀬選手が中前打を放って試合を決めました。

広瀬選手もさることながら、お立ち台に上がった高橋健投手の好調さも見逃してはいけません。
いずれも3者凡退できっちりと3人で片付けて試合の流れを引き寄せました。

それと昨日の試合で影のヒーローが梵選手です。
打っては5打数4安打1打点3得点。
打率も3割に乗せてきました。

もう一人、4番の栗原選手も4打数2安打3打点の活躍でした。
「今年は打点にこだわりたい」と言っていましたが、打率.232ながら22打点とセリーグで3位につけています。
ちなみに1位がラミネス(25打点)、2位が小笠原(23打点)ですから立派なものです。

今日の先発は青木高投手でしょう。
最近2試合は6回を投げて1失点・2失点と試合を作っています。
まだ勝ち星はありませんが、昨日みたいな打撃陣の奮起があれば"柳の下に3匹目のどじょう"はきっといるはずです。

少なくとも昨日の長谷川投手みたいな無様な試合展開にはならないと思います。

がんばれ、広島カープexclamationるんるん

【お知らせ】
Twitterを既にされている方、カープの話題で盛り上がりましょう。
「redcarp」で検索して貰うと判ると思います。
posted by KOBA at 08:18| 広島 | Comment(0) | TrackBack(2) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

野村監督、チグハグ!

昨晩の試合で一番気がついたのは、野村監督の采配に迷いが出てしまった事。

まず一番目は5回、1−0の場面で石原選手がヒットで出塁すると前田健投手に当然送りバントかと思いきや、なんとバントの構えから2度の連続バスターのサイン。
結局、前田健投手は三振に倒れ、その後の石原選手の走塁ミスで追加点のチャンスを逃してしまった。

もう一つ、8回を投げて4安打1失点9奪三振の後を継いだのは、決して調子が良いとは思えない先発から中継ぎになった篠田投手を9回に起用した事。
案の定、2死から四球をだして逆転される始末。
延長戦を予想した弱気な継投としか思えません。

打撃陣もしかり今季最小安打の4安打とはいくら相手の投手が良かったとは言え、他に打つ手は無かったのか。

印象に残ったのは孤軍奮闘した前田健投手だけでした。
防御率は2・03でリーグ2位もまだ2勝。
次に期待しましょう!
posted by KOBA at 11:21| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

石原、リヤッター!

劇的な幕切れでした。
10回2死から石原選手のサヨナラホームラン!ぴかぴか(新しい)

この勝利を呼び込んで忘れてならないのが、今まで不調だった投手陣です。

先発の青木高投手が前回に続く粘りの投球で試合を作ったのと、中継ぎ陣が無失点で頑張ったのが勝因でしょう。
青木高投手のトルネード投法?は正解ですね。るんるん

勝利投手は高橋健投手に付きましたが、青木高投手も気持ちを切らずに今後も今の投球を持続していくと勝ち星も付くことでしょう。

【お知らせ】
最近、話題になっているTwitterを始めました。
「redcarp」で検索して貰うと判ると思います。
Twitterを既にされている方、カープの話題で盛り上がりましょう。
posted by KOBA at 10:57| 広島 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

不完全燃焼

終わってみれば7−3の大勝に見えますが、個人的には試合内容に不満があります。

まず、先発した小松投手がいつものように初回、3点を先制されました。
5 1/3 を投げて7安打4三振3四球で勝利投手にこそなりましたが、不満ですね。

打線の方は3回に5本のヒットで4−3と逆転しましたが、4回から7回まで中押しの点が入らずじまい。
ようやく8回に東出選手がストレートのフォアボールで出塁。
梵選手の送りバント成功で1死2塁とし、天谷選手がまたもフォアボールを選び、続く栗原選手が2塁打と相手の送球ミスもあり7−3とした。

昨日の勝利は中継ぎ陣の踏ん張りの一言でしょう。

こんな試合をしていたら、上位進出は当分先の様ですね。どんっ(衝撃)たらーっ(汗)
posted by KOBA at 07:45| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

マエケン様様

今年のマエケンは一味違いますぜ。

まずは何と言っても打撃でしょう。
今季3試合に登板して、全てヒットを打っている。
昨晩も4打数2安打2得点とチームに貢献した。
これで通算開幕10打数5安打、打率・500とした。

投げては8回を4安打8三振無失点に抑える力投。

これで広島カープ今季3勝の内、2勝を前田健投手が挙げました。

正真正銘のエースと言っても良いでしょう。

後は他の先発を含めた投手陣の立て直しを期待するのみですね。
新外国人スタルツ投手も早く見てみたいです・・。
posted by KOBA at 09:20| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

やっと両目が開きました

広島カープが連敗を7で止めました。
広島3−2ヤクルト

先発は青木高投手。
初回に福地にいきなり2塁打を打たれ、デントナにタイムリーを打たれて先取点を取られるいつものパターンかと思いましたが、2回にヒューバー選手に同点1号ソロが出てから6回を5安打1失点と試合を作りました。

その後はシーソーゲームで広島カープが8回に無死から梵選手が四球で出て盗塁を決めて天谷選手の中前打で勝ち越しました。
そして高橋投手、シュルツ投手で逃げ切りました。

昨晩のヒーローは梵選手と天谷選手でしょう。

梵選手は2打数2安打2四球と全打席出塁してチャンスを作りました。

天谷選手も4打数2安打1打点の活躍。
守備でも2回と4回にダイビングキャッチを見せる等チームに貢献しましたね。

反省点は永川投手の相変わらずの不調です。
2−1のリードの場面で7回に登板し、ガイエルに同点ホームランを打たれる体たらく。

勝利投手にこそなりましたが、青木高投手にあげてください。

何はともあれ、連敗ストップで両目が開いたので良しとしましょうか・・。
posted by KOBA at 09:13| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

ついに7連敗!

開幕初戦に前田健投手が勝って以来、その後ズルズルと7連敗となってしまいました。

こんなに負けが続くとブログの更新もする気になれませんが、ゲンを担いで心機一転、久しぶりに更新しています。

なぜ勝てないのか???

まずは、何といっても先発投手陣の崩壊でしょう。

大竹寛投手のリタイヤも痛いですが、全体的に経験の少ない若手ばかりです。

齊藤悠葵投手にしても、昨年9勝(11敗)したとは言え本当の実績はありません。
今季の防御率は実に10.80 です。
見事に期待を裏切られてしまいました。

野手に目をやると、今年の広島カープが掲げている「走る野球」が影を潜めています。
盗塁数を調べてみると、巨人の松本がすでに7個で1位です。
広島カープは梵選手と天谷選手が共に2個という状態です。

又、次の塁を果敢に狙ってアウトになるケースも目立ちますね。

選手は一生懸命にやっているのでしょうが、気持ちも含めて全てが空回りしているのが現状でしょう。

やるべき事は、先発投手陣の立て直しがまず一番の急務です。
米大リーグ、ドジャースのエリック・スタルツ投手の加入も決まりました。

カンフル剤となれば良いのですが・・・。

がんばれ、カープ!!
posted by KOBA at 09:03| 広島 | Comment(1) | TrackBack(1) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。