2010年04月16日

野村監督、チグハグ!

昨晩の試合で一番気がついたのは、野村監督の采配に迷いが出てしまった事。

まず一番目は5回、1−0の場面で石原選手がヒットで出塁すると前田健投手に当然送りバントかと思いきや、なんとバントの構えから2度の連続バスターのサイン。
結局、前田健投手は三振に倒れ、その後の石原選手の走塁ミスで追加点のチャンスを逃してしまった。

もう一つ、8回を投げて4安打1失点9奪三振の後を継いだのは、決して調子が良いとは思えない先発から中継ぎになった篠田投手を9回に起用した事。
案の定、2死から四球をだして逆転される始末。
延長戦を予想した弱気な継投としか思えません。

打撃陣もしかり今季最小安打の4安打とはいくら相手の投手が良かったとは言え、他に打つ手は無かったのか。

印象に残ったのは孤軍奮闘した前田健投手だけでした。
防御率は2・03でリーグ2位もまだ2勝。
次に期待しましょう!
posted by KOBA at 11:21| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。