2010年11月12日

ゴールデングラブ賞に最多4人

守備のベストナインを表彰する三井ゴールデングラブ賞が11日に発表され、セ・リーグは広島からチーム別で最多の4人が選ばれ、前田健太投手、梵英心遊撃手、広瀬純、赤松真人の両外野手がいずれも初受賞となった。

広島から4人の選出は1986年以来、24年ぶりで球団最多タイ。

特に前田健投手は、記者投票260票のうち164票を集めた。
最多勝など投手3部門、沢村賞に続く「5冠」となり、守備の自信を語っていた。

後、遅咲きの廣瀬選手が強肩を生かし、リーグ最多タイの10補殺。
10年目で念願の賞を貰った。

【中国新聞より抜粋】
posted by KOBA at 08:15| 広島 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

縺�縺ッ縺ッ縺ッ縺ッ�シ��シ代Ω譛医〒�シ難シ舌�槭た繧らィシ縺�縺倥∪縺」縺滂シ��シ�
蜈域怦縺セ縺ァ遶・�シ�雋槭□縺」縺溘¢縺ゥ縲√b縺��シ嶺ココ縺ィ�シィ縺励■繧�縺」縺欹O�シ∫ャ�

莉翫∪縺ァ遏・繧峨↑縺九▲縺溘¢縺ゥ縲∵怙霑代�ョ蟄舌▲縺ヲ繝��シ�繝晏・ス縺阪↑蟄仙、壹>繧薙□縺ュ笙ェ
鬚ィ�シ�菫励↑繧薙°陦後¥繧医j縲√%縺」縺。縺ァ遶・�シ�雋槫」イ縺」縺ヲ豁」隗」縺縺ェ(*�ソ」繝シ�ソ」)v
http://equqrzma.ran.tooben.net/
Posted by 縺薙�ョ蜑崎ィ縺」縺ヲ縺溘ヰ繧、繝医�ョ莉カ at 2010年11月15日 03:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/169113516

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。